観光地の集客まで左右 “SNS映え”の重要度と活用ポイント

公開日: 更新日:

 SNS映えとは、「実際は大したことがなくても、スマホで写真を撮ると凄く良く見えること」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)で、SNS映えするかどうかは店や観光地の集客を左右するとさえいわれる。

 観光地だと、例えば岐阜県関市の通称「モネの池」は、場所や角度によってモネの睡蓮の絵のように見える。千葉県君津市の「濃溝の滝」は、光の差し込み具合によって“ジブリの世界みたい”と評判。どちらも観光客が押し寄せている。が、記者も行ってみたが、肉眼で見ると大したことがなかった。季節や時間帯が重要らしい。

 グルメ写真も同様だ。サントリーグルメガイド公式ブロガーの西村愛氏は「パンケーキやかき氷など、今年はやったグルメは全て“SNS映え”するもの。SNSがはやらせたといっても過言ではありません」と説明する。そんな料理のポイントは、「高さ」「ボリューム」「カラフル」。店や企業が仕掛けているケースも多いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る