300軒近く食べ歩いた北尾トロ氏 「町中華」の魅力を語る

公開日:

 テレビ番組や雑誌でよく取り上げられるようになったのは、ここ1、2年か。数あるグルメ特集の中でも「町中華」(「街場中華」とも言う)は、いま注目のジャンルだ。ひとことで言うと“職場や家の近所にある昔ながらの中華食堂”のイメージか。中華そばやチャーハン、餃子(ギョーザ)など中華メニューは定番で、加えてカツ丼、カレーライス、オムライスなどもあると鉄板らしい。なるほど親近感が湧く。

 ライターの北尾トロさんは、下関マグロ氏らと「町中華探検隊」を結成。定期的に町中華を食べ歩く一方で、昨年、「町中華とはなんだ」(北尾氏、下関氏、竜超氏の共著=立東舎)を上梓した。

「町中華をひとことで言うのは難しいんですが、ズバッと決めるとすれば『大衆的な中華食堂で、中華じゃないメニューもあり、1000円あればお腹いっぱいになれる店……』でしょうか。定食があれば文句ナシ。大半の店が常連さんを大事にしていますね。今やネットの時代で、多くの店が一発で検索できるけど、町中華は店主や店の風情も含めて、自分で食べて自分の舌で評価するところに面白さがあると思います。僕らは2014年から町中華探検隊として活動を始め、これまで都内を中心に300店近く訪問しました。町中華は、戦後すぐ店を始めたところが多く、店主の高齢化が進んで80歳を過ぎて鍋を振ってる人もいる。今のうちに食べ歩いて記録を残しておこうと考えたのが活動のキッカケでした」(北尾氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る