夜景レストランはNG 加藤文果氏が見た今どき“イタイ男”

公開日: 更新日:

 夜景の見えるレストランは、かつて「オンナを落とせる場所」のテッパンだった。しかし今、イタイ男の“テッパンフレーズ”になっている。

 ヨシエさん(38)は、知人男性から来た誘い文句にうんざりした。

「横浜に夜景が見えるすてきなステーキハウスが予約できそう♪」

 その彼と仕事で名刺交換したのは約1年前。それだけの関係だったが、最近フェイスブックの友達申請が来た。そして「今度飲みましょう」との誘い。あまり気乗りしなかったが、「仕事で何かあるのかな」と思い承諾。指定されたのが、「会社と自宅が横浜なので」と、横浜駅近くの高層ビルに入ったイタリアンの個室だった。

 席に着くなり、彼は窓辺に立つよう促し、「あれがベイブリッジ」などと解説。食事中には「予約がなかなか取れなくて苦労した」を5回。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る