• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

就寝時もブラ…20、30代女性に聞く“おっぱいケア”の現実

 大きさか、張りか、はたまたロマンか。おっぱいのことだ。1回目となる「美おっぱいコンテスト2016」の初代グランプリ・中岡龍子さんは風呂上がりにおっぱいをマッサージしたり、就寝時もブラジャーを着用したりして、おっぱいケアに余念がないという。

 水泳と卓球で鍛えた体に、95センチFカップが上を向いている。23歳。張りも形も抜群だが、世の中の女性はどうやってケアしているのか。

「マイナビウーマン」の調査によると、就寝時にブラを着けているのは30・6%。3人に1人は睡眠時の苦しさよりおっぱいケアを重視する。そこで20~30代の女性におっぱいケアの実情を聞いた。

 29歳アパレル販売員が「お風呂で背中の肉を胸にかき集めるようにしてオイルマッサージをしています」と言うように、風呂場はおっぱいケアの修業の場。「胸が垂れないように、お風呂に入りながら胸の前で手を合わせてギュッと力を込めるエクササイズをやって、寝る前には部屋で腕立て伏せを20回」と言うのは30歳のIT系。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  5. 5

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  6. 6

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  7. 7

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る