就寝時もブラ…20、30代女性に聞く“おっぱいケア”の現実

公開日:

 大きさか、張りか、はたまたロマンか。おっぱいのことだ。1回目となる「美おっぱいコンテスト2016」の初代グランプリ・中岡龍子さんは風呂上がりにおっぱいをマッサージしたり、就寝時もブラジャーを着用したりして、おっぱいケアに余念がないという。

 水泳と卓球で鍛えた体に、95センチFカップが上を向いている。23歳。張りも形も抜群だが、世の中の女性はどうやってケアしているのか。

「マイナビウーマン」の調査によると、就寝時にブラを着けているのは30・6%。3人に1人は睡眠時の苦しさよりおっぱいケアを重視する。そこで20~30代の女性におっぱいケアの実情を聞いた。

 29歳アパレル販売員が「お風呂で背中の肉を胸にかき集めるようにしてオイルマッサージをしています」と言うように、風呂場はおっぱいケアの修業の場。「胸が垂れないように、お風呂に入りながら胸の前で手を合わせてギュッと力を込めるエクササイズをやって、寝る前には部屋で腕立て伏せを20回」と言うのは30歳のIT系。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る