• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

福山ロスで会員急増? 自分に合った結婚紹介会社こう選ぶ

 結婚紹介サービスの市場規模は2000億円を超すとされ、1000社以上の業者がひしめき合う。それだけにサービス内容も玉石混交で、結婚を目指すなら業者選びが重要なポイントだ。

 SNSの出会い系は論外だが、低料金を打ち出してもサービス内容が伴っていなかったり、逆に成婚時報酬が100万円以上でも“確実な出会い”がある優良会社もある。入会時に厳正な書類審査があるが、ハイレベルな男女の出会いなら、医師やエグゼクティブに特化した「SEISHIN」という会社を選びたいところ。また、業界大手でつくる「日本結婚相手紹介サービス協議会」の加盟社なら安心できる。

 その加盟社のひとつ、楽天オーネットは「楽しみながらの出会い」を特徴にしている。

「中高年専門のスーペリアコースでは、他の業者以上に『ゴルフ合コン』『散歩・散策』といった野外アクティビティーを多数企画しています。開放的な空間だと、会話や打ち解け方も違うようです。他に和の情緒を楽しもうという趣旨で『和菓子』や『香袋作り』体験などもあります」(楽天オーネット担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る