中西圭三さん直伝 音痴がカラオケで称賛浴びるテッパン法

公開日:

「一本調子ですね……」。カラオケスナックでスタッフが気遣うように言ってくれた言葉が逆に胸に刺さった。うまく歌いたい! どうすりゃいいの?

「音程やリズムが正確な歌が“うまい歌”とは、私は思いません」

 こう言うのは、歌手の中西圭三さん(52)。1月に出版された「誰でも歌がうまくなるDVDブック」(アスコム)を見て、ダメモトで歌の指導をお願いしたところ、快諾してもらった。しかも直接指導! ラッキー。

 中西さんが考える「うまい歌」とは、人の心をとらえられる歌、多彩な“色”がついた歌だという。伝えたいことを歌詞や音楽に乗せて歌えることが目標だ。一方、ほとんどの人は音程を追うことに必死になり、歌に“色”をつける余裕なんてない。深く同意してくれたのは、自他共に認める超音痴の、中西さんの担当編集者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る