中西圭三さん直伝 音痴がカラオケで称賛浴びるテッパン法

公開日:

「一本調子ですね……」。カラオケスナックでスタッフが気遣うように言ってくれた言葉が逆に胸に刺さった。うまく歌いたい! どうすりゃいいの?

「音程やリズムが正確な歌が“うまい歌”とは、私は思いません」

 こう言うのは、歌手の中西圭三さん(52)。1月に出版された「誰でも歌がうまくなるDVDブック」(アスコム)を見て、ダメモトで歌の指導をお願いしたところ、快諾してもらった。しかも直接指導! ラッキー。

 中西さんが考える「うまい歌」とは、人の心をとらえられる歌、多彩な“色”がついた歌だという。伝えたいことを歌詞や音楽に乗せて歌えることが目標だ。一方、ほとんどの人は音程を追うことに必死になり、歌に“色”をつける余裕なんてない。深く同意してくれたのは、自他共に認める超音痴の、中西さんの担当編集者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る