• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学露文科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で第6回小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで第10回吉川英治文学賞を受賞。2002年には第50回菊池寛賞を受賞。NHKラジオ深夜便「歌の旅人」、BSフジ「五木寛之『風のcafe』」放送中。日刊ゲンダイ本紙連載「流されゆく日々」はギネス記録を更新中で、16年9月5日に連載10000回を迎えた。著書に「風の王国」「大河の一滴」「他力」ほか、「親鸞」三部作など多数。

五木寛之氏【特別寄稿】 私たちは知りたい

 中沢新一さんが週刊誌に連載している『アースダイバー』を読むと、「目からウロコ」の衝撃を受けることがしばしばある。

 歴史とかいう大袈裟なものでなく、いま私たちが直面している日々の現実を、そんな視線で透視することはできないものなのだろうか。

 現代の世界情勢は、何がどうなっているのやら見当がつかない。歴史的法則や地政学的な分析では、とても解明できるとは思えないのだ。応仁の乱が単純に感じられるくらいに偽計と駆け引きにみちた現実が目の前にある。

 謀略とか陰謀とかいった言葉は、つねに冷笑的に受けとられる場合が多い。しかしベトナム戦争、イラク進攻の例を見るまでもなく、戦争の口火はほとんどフレームアップから始まる。シベリア出兵にしても、満州事変にしても、綿密に計画され準備された戦略的工作から口火が切られた。孫子を引くまでもなく、政治も戦争も、大義名分の背後には必ず隠された真実があるのだ。「不都合な真実」というキャッチフレーズさえも、そうだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事