• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

30年ぶり不漁のスルメイカはアカイカで代用

塩辛がなくなってしまうのか?(C)日刊ゲンダイ

「主人も高校生の息子もイカと肝を一緒に炒めたゴロ焼きが好物なんだけど、しばらくおあずけね……」

 東京・世田谷のスーパーで鮮魚コーナーを物色していた主婦(52)は、スルメイカの値段の高さを嘆いてパックを棚に戻した。通常の2倍近い1パイ400円ほど。「…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事