• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

副大臣2人が疑問符 クールビズ「室温28度」で快適なのか

「なんとなく28度になった」――。夏場の「クールビズ」で環境省が冷房温度として呼びかけている「28度」に閣内から疑問が噴き出した。

 11日開かれた副大臣会議。2005年のクールビズ開始当時、環境省の担当課長だった盛山正仁・法務副大臣が「なんとなく28度という目安でスタートして、それが独り歩きしてしまった」と発言。環境省の関芳弘・副大臣も「28度は不快な温度だとの声があった。科学的に検討したい」と見直しを示唆した。言いだしっぺである当時の環境省幹部までが首をひねるとは驚きだ。

 国は通称“ビル管理法”と労働安全法で室温を17~28度、湿度を40~70%に設定するよう指導している。環境省はクールビズの28度を「両法律の数字を適用した」(国民生活対策室)と説明するが、科学的根拠については「分からない」との答え。28度という数字を見直す予定はないそうだ。「国は省エネを優先するあまり、上限ギリギリの28度を設定したのでしょう」と指摘するのは医学博士の左門新氏だ。大抵の職場は室温には注意するものの、湿度を軽視しがちだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る