副大臣2人が疑問符 クールビズ「室温28度」で快適なのか

公開日: 更新日:

「なんとなく28度になった」――。夏場の「クールビズ」で環境省が冷房温度として呼びかけている「28度」に閣内から疑問が噴き出した。

 11日開かれた副大臣会議。2005年のクールビズ開始当時、環境省の担当課長だった盛山正仁・法務副大臣が「なんとなく28度という目安でスタートして、それが独り歩きしてしまった」と発言。環境省の関芳弘・副大臣も「28度は不快な温度だとの声があった。科学的に検討したい」と見直しを示唆した。言いだしっぺである当時の環境省幹部までが首をひねるとは驚きだ。

 国は通称“ビル管理法”と労働安全法で室温を17~28度、湿度を40~70%に設定するよう指導している。環境省はクールビズの28度を「両法律の数字を適用した」(国民生活対策室)と説明するが、科学的根拠については「分からない」との答え。28度という数字を見直す予定はないそうだ。「国は省エネを優先するあまり、上限ギリギリの28度を設定したのでしょう」と指摘するのは医学博士の左門新氏だ。大抵の職場は室温には注意するものの、湿度を軽視しがちだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  2. 2

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  3. 3

    東出昌大の好感度 渡部建や優樹菜の不倫報道で“V字回復”か

  4. 4

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  7. 7

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  8. 8

    年金暮らしなのに「本家」のプライドで毎月9万円の赤字が

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

もっと見る