• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

副大臣2人が疑問符 クールビズ「室温28度」で快適なのか

「なんとなく28度になった」――。夏場の「クールビズ」で環境省が冷房温度として呼びかけている「28度」に閣内から疑問が噴き出した。

 11日開かれた副大臣会議。2005年のクールビズ開始当時、環境省の担当課長だった盛山正仁・法務副大臣が「なんとなく28度という目安でスタートして、それが独り歩きしてしまった」と発言。環境省の関芳弘・副大臣も「28度は不快な温度だとの声があった。科学的に検討したい」と見直しを示唆した。言いだしっぺである当時の環境省幹部までが首をひねるとは驚きだ。

 国は通称“ビル管理法”と労働安全法で室温を17~28度、湿度を40~70%に設定するよう指導している。環境省はクールビズの28度を「両法律の数字を適用した」(国民生活対策室)と説明するが、科学的根拠については「分からない」との答え。28度という数字を見直す予定はないそうだ。「国は省エネを優先するあまり、上限ギリギリの28度を設定したのでしょう」と指摘するのは医学博士の左門新氏だ。大抵の職場は室温には注意するものの、湿度を軽視しがちだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る