丼にラーメンまで 東京駅八重洲界隈に“エビブーム”到来か

公開日:

 JR東京駅・八重洲界隈が、最近、“エビづいている”と言ったら大げさか。エビ料理の店がジワリ増えつつあるのだ。

 直近の話題は、先週10日、八重洲地下街(ヤエチカ外堀地下2番通り)にオープンした「えびそば一幻」。札幌発祥のラーメン専門店で、都心では新宿店に次いで2店舗目。

「ずんどうに15キロ分の甘エビの頭を入れてダシをとっています」

 ガタイのいい厨房担当者がこう言う。低温でじっくりエビの香味を移したエビ油、頭を炒って仕上げた純度100%のエビ粉を加えた渾身(こんしん)の一杯だ。

 スープは、①エビの風味を生かしたストレートスープ「そのまま」②エビスープにとんこつスープをブレンドした「あじわい」、の2種からチョイス。麺も、太麺と細麺から好きな方を選べる。味は、みそ、しお、しょうゆの3種類。値段は、いずれも780円。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る