丼にラーメンまで 東京駅八重洲界隈に“エビブーム”到来か

公開日:

 JR東京駅・八重洲界隈が、最近、“エビづいている”と言ったら大げさか。エビ料理の店がジワリ増えつつあるのだ。

 直近の話題は、先週10日、八重洲地下街(ヤエチカ外堀地下2番通り)にオープンした「えびそば一幻」。札幌発祥のラーメン専門店で、都心では新宿店に次いで2店舗目。

「ずんどうに15キロ分の甘エビの頭を入れてダシをとっています」

 ガタイのいい厨房担当者がこう言う。低温でじっくりエビの香味を移したエビ油、頭を炒って仕上げた純度100%のエビ粉を加えた渾身(こんしん)の一杯だ。

 スープは、①エビの風味を生かしたストレートスープ「そのまま」②エビスープにとんこつスープをブレンドした「あじわい」、の2種からチョイス。麺も、太麺と細麺から好きな方を選べる。味は、みそ、しお、しょうゆの3種類。値段は、いずれも780円。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る