• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

丼にラーメンまで 東京駅八重洲界隈に“エビブーム”到来か

 JR東京駅・八重洲界隈が、最近、“エビづいている”と言ったら大げさか。エビ料理の店がジワリ増えつつあるのだ。

 直近の話題は、先週10日、八重洲地下街(ヤエチカ外堀地下2番通り)にオープンした「えびそば一幻」。札幌発祥のラーメン専門店で、都心では新宿店に次いで2店舗目。

「ずんどうに15キロ分の甘エビの頭を入れてダシをとっています」

 ガタイのいい厨房担当者がこう言う。低温でじっくりエビの香味を移したエビ油、頭を炒って仕上げた純度100%のエビ粉を加えた渾身(こんしん)の一杯だ。

 スープは、①エビの風味を生かしたストレートスープ「そのまま」②エビスープにとんこつスープをブレンドした「あじわい」、の2種からチョイス。麺も、太麺と細麺から好きな方を選べる。味は、みそ、しお、しょうゆの3種類。値段は、いずれも780円。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る