福岡金塊強奪犯も悪用 SNS「友達」申請の正しい対処法

公開日: 更新日:

「LINE、交換しませんか」が、あいさつ代わりになってきた昨今とはいえ、フェイスブック(FB)も国内月間ユーザー数は2700万人とも。来年で日本上陸10周年。さすがにもう、のべつまくなしに「友達」を増やそうなんて利用者もいないと思いきや、そうでもなかった。

 福岡市の7.5億円金塊強奪事件で逮捕された自称会社役員の小松崎太郎容疑者(40=東京都港区)も、FBで約4900人と「友達」になっていたのは本紙(25日付)既報通りだ。県議や区議などの政治家、実業家、経営者、芸能人、プロレスラー、モデル、銀座のクラブママなどの有名人とFBを通じて“お近づき”になっていた。

 あのデヴィ夫人も「友達」だったが、「(小松崎とは)面識もない、存じ上げない方です」。どうやら小松崎は、手当たり次第に有名人に「友達リクエスト」していたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る