• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界中で猛威 PC“身代金ウイルス”は3段構えで予防する

 世界中で「ランサム(身代金)ウエア」と呼ばれるウイルスが猛威を振るっている。感染したらパソコン(PC)内のファイルを勝手に暗号化され、文書を読んだり写真を見たりできなくなる。しかも「カネを払ったら元に戻してやる」と要求してくるタチの悪いウイルスだ。

 日本でも日立やJR東日本が感染したことが判明。そのため一部メディアが「大企業のHPも危ない」と話をあおっているが、少し違うようだ。

「日立やJRの件は社内のPCが感染したということ。HPを閲覧したらウイルスに感染するわけではありません」

 こう解説するのは独立行政法人情報処理推進機構セキュリティセンター・脆弱性分析エンジニアの大道晶平氏だ。

「問題はビジネス文書などを装ったウイルス付きメールを受け取った人が、添付ファイルを開いたり感染源のリンク先に誘導されることです。一度感染したら、PCのハードディスクを初期化するといった作業をしないかぎり、暗号化は解除できない。1台のPCが感染したらネットワークにつながっている他のPCにも拡散します。海外の病院などでPCが使えなくなったため、大きな騒ぎになっているのです」(大道晶平氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る