• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メルカリには1万円紙幣 怪しい出品を生むエスクローの闇

 メルカリは、中古品の売買を仲介するアプリ。定番は服やバッグ、靴などの売り買いで、ネット上のフリーマーケット。ユーザー数1000万人超の人気で、現金が出品され、話題のアプリだ。

 1万円紙幣が、実物を上回る金額で出品されたりしているが、だれが買うのか。その狙いはズバリ、クレジットカードの現金化。手持ちのカネはないが、現金がほしい人は、出品された「1万円」を、たとえば「1万2000円」でカード決済すると、後日、1万円札が送られてきて現金をゲットできる寸法だ。

 運営側はすぐ削除に乗り出したが、その後はチャージ済みスイカなどのICカードが出品されている。パチンコで現金に交換するための特殊景品が出品されるなど、怪しげな出品が後を絶たず、出品と削除のイタチゴッコだ。

「一部報道では、領収書が取引可能かのように書かれたりしましたが、領収書はサービス開始当初から出品禁止なので、見つけ次第すぐに削除。利用規約やガイドラインに違反する出品に関しては、24時間365日、監視していて、どれも見つけ次第削除します」(同社広報部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事