メルカリには1万円紙幣 怪しい出品を生むエスクローの闇

公開日:  更新日:

 メルカリは、中古品の売買を仲介するアプリ。定番は服やバッグ、靴などの売り買いで、ネット上のフリーマーケット。ユーザー数1000万人超の人気で、現金が出品され、話題のアプリだ。

 1万円紙幣が、実物を上回る金額で出品されたりしているが、だれが買うのか。その狙いはズバリ、クレジットカードの現金化。手持ちのカネはないが、現金がほしい人は、出品された「1万円」を、たとえば「1万2000円」でカード決済すると、後日、1万円札が送られてきて現金をゲットできる寸法だ。

 運営側はすぐ削除に乗り出したが、その後はチャージ済みスイカなどのICカードが出品されている。パチンコで現金に交換するための特殊景品が出品されるなど、怪しげな出品が後を絶たず、出品と削除のイタチゴッコだ。

「一部報道では、領収書が取引可能かのように書かれたりしましたが、領収書はサービス開始当初から出品禁止なので、見つけ次第すぐに削除。利用規約やガイドラインに違反する出品に関しては、24時間365日、監視していて、どれも見つけ次第削除します」(同社広報部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る