柏木理佳
著者のコラム一覧
柏木理佳生活経済ジャーナリスト

1968年、横浜市生まれ。生活経済ジャーナリスト。嘉悦大学付属産業文化観光総合研究所客員主任研究員。豪州ポンド大学院経営学修士(MBA)取得後、桜美林大学大学院博士課程修了。香港、シンガポール、豪州、中国に滞在し、世界15カ国の人と働いた経験を持つ。著書は「デキる女にはウラがある」(あさ出版)、「中国13億人にいま何を売るか」(青春出版社)など多数。

金持ちは手ぶら 貧乏な人は重いリュックを背負っている

公開日:

 私は目の前の人が将来、金持ちになるか貧乏になるのか、ある程度見極めることができる。

 偉そうに言って申し訳ないが、なぜなら年収が下がる人には共通点があるからだ。例えば、簡単な例としては、貧乏になる人は重いリュックを背負うかバッグを持っている。

 私の知る金持ちから貧乏人に脱落した人も、常に余計なものを詰め込み、重いバッグを持ち歩いていた。仕事ができる=たくさんの資料を用意している……ではない。

 一方、毎日、同じ服を着るアップル創業者の故スティーブ・ジョブズやフェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグのように、富裕層の間では余計なものを持たないミニマリストが大流行している。大手町の外国人ビジネスマンを見てもらいたい。おそらく手にはiPadしか持っていないはずだ。

 余計なモノが入った重い荷物を持ち歩き、疲労がたまっているから腰が重い。それがストレスになり、思考も鈍くなる。逆に富裕層は疲労しないよう、まずはストレス度が高い通勤時間の過ごし方から違う。米国の調査では、年収1600万円以上の6割が通勤時間にオーディオ等で音楽を聴きながらリラックスしている。年収350万円以下はたった5%しか聴いていない。ストレスになるとわかっていても工夫せず、知らないうちにストレスをためているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る