• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地方銘菓が実は中国製…「土産物」の安心安全な選び方

 出張先や旅行先で「○○の恋人」「△△の月」というお菓子を見かけることが少なくない。札幌の「白い恋人」や仙台の「萩の月」とは全く違う商品だ。それでも、話のネタとして買って帰ったりするが、少なくとも消費期限や賞味期限の表示の仕方はチェックした方がいい。日付だけが記載された簡素な「シール」を貼って済ませている商品は選ばない方が賢明だ。「知らないと危ない!ズルい食品ヤバい外食」の著者で、食品安全教育研究所・河岸宏和代表がこう言う。

「消費・賞味期限は業者が勝手に設定することができるのです。だから、製造後すぐに冷凍して数カ月保存し、販売店などで解凍した時点で『日付シール』を貼って売るケースも少なくない。ある辛子明太子メーカーは、博多から東京まで商品を運んでからシールを貼っていた。それでも違法にならないのが現状で、食中毒を出さなければ、処罰されることもありません。ただ、体に害がなくても、時間の経過とともに味はどんどん落ちていく。怪しい商品を避けたければ、ちゃんと日付を印字しているモノを買うことです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  8. 8

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  9. 9

    “のん待望論”封印「この世界の片隅に」松本穂香キスに絶賛

  10. 10

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

もっと見る