地方銘菓が実は中国製…「土産物」の安心安全な選び方

公開日: 更新日:

 出張先や旅行先で「○○の恋人」「△△の月」というお菓子を見かけることが少なくない。札幌の「白い恋人」や仙台の「萩の月」とは全く違う商品だ。それでも、話のネタとして買って帰ったりするが、少なくとも消費期限や賞味期限の表示の仕方はチェックした方がいい。日付だけが記載された簡素な「シール」を貼って済ませている商品は選ばない方が賢明だ。「知らないと危ない!ズルい食品ヤバい外食」の著者で、食品安全教育研究所・河岸宏和代表がこう言う。

「消費・賞味期限は業者が勝手に設定することができるのです。だから、製造後すぐに冷凍して数カ月保存し、販売店などで解凍した時点で『日付シール』を貼って売るケースも少なくない。ある辛子明太子メーカーは、博多から東京まで商品を運んでからシールを貼っていた。それでも違法にならないのが現状で、食中毒を出さなければ、処罰されることもありません。ただ、体に害がなくても、時間の経過とともに味はどんどん落ちていく。怪しい商品を避けたければ、ちゃんと日付を印字しているモノを買うことです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  10. 10

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る