「逃げる」はリスク大 家族の身柄引受書で勾留を回避する

公開日: 更新日:

 痴漢をとがめられた男性が線路に飛び降りて逃げるケースが続発している。逃走中に電車にはねられて命を落としたり、ビルから転落して死亡する事件もあった。満員電車を利用するサラリーマンにとって、痴漢は身近な犯罪だ。あらぬ疑いをかけられることもあるし、酔っぱらってつい、ということもあるかもしれない。決して他人事ではないだけに、知っておくべきことも多い。

 関東エリアの19の鉄道事業者は、5日から12日間、「痴漢撲滅キャンペーン」を実施している。警察と連携し警戒の強化に乗り出しているが、サラリーマンもこの機会に「痴漢」を疑われた際の対処法を知っておくべきだ。

 一部では、「駅事務室に連行されたら終わりだ」とか「すぐに逃げた方がいい」といった“解説”がもっともらしく語られたりしているが、元東京地検特捜部検事で「中村国際刑事法律事務所」代表の中村勉弁護士は「逃げるリスクは大きい」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  9. 9

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る