「逃げる」はリスク大 家族の身柄引受書で勾留を回避する

公開日:

 痴漢をとがめられた男性が線路に飛び降りて逃げるケースが続発している。逃走中に電車にはねられて命を落としたり、ビルから転落して死亡する事件もあった。満員電車を利用するサラリーマンにとって、痴漢は身近な犯罪だ。あらぬ疑いをかけられることもあるし、酔っぱらってつい、ということもあるかもしれない。決して他人事ではないだけに、知っておくべきことも多い。

 関東エリアの19の鉄道事業者は、5日から12日間、「痴漢撲滅キャンペーン」を実施している。警察と連携し警戒の強化に乗り出しているが、サラリーマンもこの機会に「痴漢」を疑われた際の対処法を知っておくべきだ。

 一部では、「駅事務室に連行されたら終わりだ」とか「すぐに逃げた方がいい」といった“解説”がもっともらしく語られたりしているが、元東京地検特捜部検事で「中村国際刑事法律事務所」代表の中村勉弁護士は「逃げるリスクは大きい」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る