「逃げる」はリスク大 家族の身柄引受書で勾留を回避する

公開日: 更新日:

 痴漢をとがめられた男性が線路に飛び降りて逃げるケースが続発している。逃走中に電車にはねられて命を落としたり、ビルから転落して死亡する事件もあった。満員電車を利用するサラリーマンにとって、痴漢は身近な犯罪だ。あらぬ疑いをかけられることもあるし、酔っぱらってつい、ということもあるかもしれない。決して他人事ではないだけに、知っておくべきことも多い。

 関東エリアの19の鉄道事業者は、5日から12日間、「痴漢撲滅キャンペーン」を実施している。警察と連携し警戒の強化に乗り出しているが、サラリーマンもこの機会に「痴漢」を疑われた際の対処法を知っておくべきだ。

 一部では、「駅事務室に連行されたら終わりだ」とか「すぐに逃げた方がいい」といった“解説”がもっともらしく語られたりしているが、元東京地検特捜部検事で「中村国際刑事法律事務所」代表の中村勉弁護士は「逃げるリスクは大きい」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  10. 10

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

もっと見る