• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜか女性は梅雨にムラムラ…男女識者3人が根拠を解説

 もう6月。いよいよ梅雨だ。どうしても家にこもりがちになるが、この時季、女性は性欲が高まり、悶々とするらしい。一体、なぜ? 医師で医療ジャーナリストの森田豊氏が言う。

「雨音を聞いていると、寂しい気分になる。外は薄暗いですから、気分も落ち込みがちです。人間はこういう時に孤独を感じ、誰かとつながりたいと思う。そんな時、部屋にこもっていると、性欲に意識が向いてしまう。ネットやテレビドラマで、ちょっとしたラブシーンを見るだけでも、刺激を受けて悶々としてしまうのです」

 その上、雨の日の妄想は“暴走”しやすいらしい。明大講師の関修氏(心理学)が言う。

「外出すると、さまざまな景色が目に入る。人や食事、ファッションなど、いろいろなことに意識が向きますが、雨で家にいると、妄想に入り込む。いったん悶々とすると、性的な欲望は高まり続けます。大雨で外出できない日が続いた後は大変です。夏に向けて『彼氏をつくりたい』などと思い浮かべ、妄想がどんどん膨らんでいきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る