送り迎えのメークに難癖 若いママ友をけなす女性の心情

公開日:

「(子供を幼稚園に送るときも)朝から化粧は必ずする」と語った30代の女優に、アラフォータレントは「子供のお弁当とか忙しいのに、化粧の時間をそんなに大事にしてるんだ」とチクリ……。

 そんな情報番組での一コマが、波紋を呼んでいる。子供の送り迎えにバッチリメークで着飾っているママは、ほかのママから白い目で見られることもあるようだ。

 しかし、インタースペースが運営するママ向け情報サイト「ママスタジアム」の調査「ママのビューティー事情」(2016年)では、幼稚園の送迎時のメークについて聞かれた質問に「ノーメーク」と答えた人は12.3%とスッピンは少数派だった。「キレイなママと言われたいか」を尋ねた質問では、「とてもそう思う」(58.8%)と「まあそう思う」(31.7%)を合わせて90.5%に上る。

 世の中のママはメーク派が圧倒的で、周りからの見た目を気にしている傾向が明らかだ。他人がメークをしたり着飾ったりすると、批判したくなるらしい。自分より若くて可愛いオンナは、けなしたくなるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る