送り迎えのメークに難癖 若いママ友をけなす女性の心情

公開日:

「(子供を幼稚園に送るときも)朝から化粧は必ずする」と語った30代の女優に、アラフォータレントは「子供のお弁当とか忙しいのに、化粧の時間をそんなに大事にしてるんだ」とチクリ……。

 そんな情報番組での一コマが、波紋を呼んでいる。子供の送り迎えにバッチリメークで着飾っているママは、ほかのママから白い目で見られることもあるようだ。

 しかし、インタースペースが運営するママ向け情報サイト「ママスタジアム」の調査「ママのビューティー事情」(2016年)では、幼稚園の送迎時のメークについて聞かれた質問に「ノーメーク」と答えた人は12.3%とスッピンは少数派だった。「キレイなママと言われたいか」を尋ねた質問では、「とてもそう思う」(58.8%)と「まあそう思う」(31.7%)を合わせて90.5%に上る。

 世の中のママはメーク派が圧倒的で、周りからの見た目を気にしている傾向が明らかだ。他人がメークをしたり着飾ったりすると、批判したくなるらしい。自分より若くて可愛いオンナは、けなしたくなるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る