田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

天才には共通項 藤井四段と羽生善治三冠の「集中力」逸話

公開日:  更新日:

 藤井聡太四段(14)が26日に竜王戦の決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)と対局。皆さんご存じの通り、現役棋士の中で唯一の10代決戦は藤井が勝ち、ついに新記録の29連勝を達成した。

 母親の裕子さんの話によると、藤井が歩けるようになったのは1歳2カ月、意味のある言葉を話せるようになったのは1歳6カ月と、それほど早くなかったという。

 藤井と将棋の出合いは5歳のときだった。動かし方が駒に描いてある子ども用の盤駒セットを祖母に贈られ、字を覚えるよりも先に将棋のルールを覚えた。そして祖母と指して勝てるようになると、勝った喜びで将棋にのめり込んでいったという。実は囲碁も同じ頃に覚えたが、祖母に勝てなかった。もし祖母の将棋の棋力が強く、囲碁の棋力が弱かったら、藤井は将棋と囲碁のどちらに夢中になっただろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る