田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

天才には共通項 藤井四段と羽生善治三冠の「集中力」逸話

公開日: 更新日:

 藤井聡太四段(14)が26日に竜王戦の決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)と対局。皆さんご存じの通り、現役棋士の中で唯一の10代決戦は藤井が勝ち、ついに新記録の29連勝を達成した。

 母親の裕子さんの話によると、藤井が歩けるようになったのは1歳2カ月、意味のある言葉を話せるようになったのは1歳6カ月と、それほど早くなかったという。

 藤井と将棋の出合いは5歳のときだった。動かし方が駒に描いてある子ども用の盤駒セットを祖母に贈られ、字を覚えるよりも先に将棋のルールを覚えた。そして祖母と指して勝てるようになると、勝った喜びで将棋にのめり込んでいったという。実は囲碁も同じ頃に覚えたが、祖母に勝てなかった。もし祖母の将棋の棋力が強く、囲碁の棋力が弱かったら、藤井は将棋と囲碁のどちらに夢中になっただろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  10. 10

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る