織姫と彦星は七夕に一度 連絡がマメな夫が嫌われるナゼ

公開日: 更新日:

 7日は七夕。織り姫と彦星の夫婦が1年に1度、再会が許された日だ。現代でも、なかなか会えない夫婦は少なくない。国勢調査(2010年)から推測される単身赴任のサラリーマンは全国で70万人を超える。ただし、その全員が織り姫に会うのを楽しみにしているわけではなさそうだ。食品大手「フジッコ」が、30~50代の既婚男性から単身赴任についての意識を聞いたところ、夫の3割が「うれしい」と答えている。「寂しい」と答えた人の理由も、6割は「子どもに会えないから」で、「妻に会えないから」と答えたのはたった2割。夫は元気で留守がいい――とは言うが、離れていてほっとするのは夫も同じだ。

 むしろ、妻の浮気が心配だからとマメに連絡を取ると、夫婦関係はギクシャクするという。

 男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「子どものいない共働きの単身赴任の場合、夫がマメに連絡すると飽きられてしまう恐れがあります。結婚して籍に入れば、離れていても安心感が生まれます。恋愛の時とは明らかに心理状況が違う。それなのに決まり事のように連絡が来ると、妻はだんだん面倒だと思うようになります。しかも夫婦になると、相手の都合を考えないで電話をするようになりますから、『タイミングを考えて』とイライラする女性は少なくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」