• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

織姫と彦星は七夕に一度 連絡がマメな夫が嫌われるナゼ

 7日は七夕。織り姫と彦星の夫婦が1年に1度、再会が許された日だ。現代でも、なかなか会えない夫婦は少なくない。国勢調査(2010年)から推測される単身赴任のサラリーマンは全国で70万人を超える。ただし、その全員が織り姫に会うのを楽しみにしているわけではなさそうだ。食品大手「フジッコ」が、30~50代の既婚男性から単身赴任についての意識を聞いたところ、夫の3割が「うれしい」と答えている。「寂しい」と答えた人の理由も、6割は「子どもに会えないから」で、「妻に会えないから」と答えたのはたった2割。夫は元気で留守がいい――とは言うが、離れていてほっとするのは夫も同じだ。

 むしろ、妻の浮気が心配だからとマメに連絡を取ると、夫婦関係はギクシャクするという。

 男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「子どものいない共働きの単身赴任の場合、夫がマメに連絡すると飽きられてしまう恐れがあります。結婚して籍に入れば、離れていても安心感が生まれます。恋愛の時とは明らかに心理状況が違う。それなのに決まり事のように連絡が来ると、妻はだんだん面倒だと思うようになります。しかも夫婦になると、相手の都合を考えないで電話をするようになりますから、『タイミングを考えて』とイライラする女性は少なくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る