• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松居一代の動画で船越ダメージ大 ネット拡散対処法○と×

 6月27日、松居一代(60)は「恐怖の告白!!」と題したブログを更新。その後連日、夫・船越栄一郎(56)への怒りをつづり、YouTubeは第8弾まで配信(14日時点)。過激な内容に、一時はブログの閉鎖危機になるほど。だが時すでに遅し。ネットの影響は大きく、松居が何度も連呼した〈バイアグラ100ミリリットル男〉は検索のトレンドワードになった。

 もし妻が夫である自分の不倫相手や離婚劇をネットに配信したら……。止める手立てはあるのか。ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。

「一度情報を流されてしまえば仕事への影響は大きい。対象者が有名企業に勤めていたり、ドロドロに揉めて面白い内容なら、一般人でも個人情報がネット掲示板に転載されるリスクがある。会社、取引先にもすぐ知れ渡ってしまいます。弁護士を立てることが最善で、すぐに動画サイトやSNS運営会社に弁護士経由で『名誉毀損(プライバシー侵害)で提訴予定』と削除要請をかけます。次にグーグルなど検索エンジンの会社にも同様に要請する。その上で、会社や関係先にはこちらから『事実無根で提訴を考えている。その点を含みおきしてほしい』と説明してください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る