• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松居一代の動画で船越ダメージ大 ネット拡散対処法○と×

 6月27日、松居一代(60)は「恐怖の告白!!」と題したブログを更新。その後連日、夫・船越栄一郎(56)への怒りをつづり、YouTubeは第8弾まで配信(14日時点)。過激な内容に、一時はブログの閉鎖危機になるほど。だが時すでに遅し。ネットの影響は大きく、松居が何度も連呼した〈バイアグラ100ミリリットル男〉は検索のトレンドワードになった。

 もし妻が夫である自分の不倫相手や離婚劇をネットに配信したら……。止める手立てはあるのか。ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。

「一度情報を流されてしまえば仕事への影響は大きい。対象者が有名企業に勤めていたり、ドロドロに揉めて面白い内容なら、一般人でも個人情報がネット掲示板に転載されるリスクがある。会社、取引先にもすぐ知れ渡ってしまいます。弁護士を立てることが最善で、すぐに動画サイトやSNS運営会社に弁護士経由で『名誉毀損(プライバシー侵害)で提訴予定』と削除要請をかけます。次にグーグルなど検索エンジンの会社にも同様に要請する。その上で、会社や関係先にはこちらから『事実無根で提訴を考えている。その点を含みおきしてほしい』と説明してください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る