受験生の親は要注意 子供の夏季講習疲れを解消するコツ

公開日:

“天下分け目の夏休み”を終えた受験生にとって、2学期は正念場だろう。ここをうまく乗り越えると、サクラ咲く可能性がグッと高まる。が、そんなターニングポイントにもかかわらず、ゲンナリする学生が少なからずいるという。

 大阪産業大客員教授の八幡義雄氏(初等教育)に聞いた。

「この時期は、必ず夏期講習疲れでヤル気を落とす学生が出てきます。中高生はそれほどでもありませんが、小学生は生徒によってかなりダウンする。夏期講習は、朝9時から夕方5時ごろまで講座がギッシリで、なおかつ大量の宿題が出る。その宿題をこなすのに、12時まで机に向かうのはザラ。体力や計画性が未熟な小学生が夏期講習疲れでグロッギーとなるのは、仕方ありません」

 本番まで半年を切り、塾での序列にピリピリする。デキる子もデキない子も不安が募る。そこに夏期講習疲れだ。自分より成績の悪い子へのイジメが始まったり、エスカレートしたりするのも、この時期だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る