• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

運動会前は挨拶回り “子供の騒音”で苦情がくる学校の現状

 大声を出してはいけません――公園には、こんな注意書きがされているところもあるという。昨年、クローズアップされた保育園問題では、設置候補地の近隣住民から「うるさいから建てないでほしい」といったクレームも相次いだ。

 東京・杉並区は先月、公園での保育園建設を着工したが、“子供の騒音”を巡る現状はもっと深刻。小学校にも及んでいるという。大阪産業大客員教授の八幡義雄氏(教育学)に聞いた。

「住宅に近接している小学校だと、校庭での朝礼ができません。マイクの音が周りの住宅に響き、『うるさい』とクレームがつくのです。そういう学校では、各教室での放送朝礼になっています。生徒は、教室のモニターに映った校長の話を聞くのです」

 子供の“居場所”であるはずの学校から漏れる音さえ“騒音”なのだ。だから、音楽の楽器演奏にはクレームがつく。45分間隔で鳴るチャイムは近隣住民にとって“地獄の鐘”で、体育館に近い住民だと、部活の練習の声や学芸会の練習も“公害”だそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る