運動会前は挨拶回り “子供の騒音”で苦情がくる学校の現状

公開日:

 大声を出してはいけません――公園には、こんな注意書きがされているところもあるという。昨年、クローズアップされた保育園問題では、設置候補地の近隣住民から「うるさいから建てないでほしい」といったクレームも相次いだ。

 東京・杉並区は先月、公園での保育園建設を着工したが、“子供の騒音”を巡る現状はもっと深刻。小学校にも及んでいるという。大阪産業大客員教授の八幡義雄氏(教育学)に聞いた。

「住宅に近接している小学校だと、校庭での朝礼ができません。マイクの音が周りの住宅に響き、『うるさい』とクレームがつくのです。そういう学校では、各教室での放送朝礼になっています。生徒は、教室のモニターに映った校長の話を聞くのです」

 子供の“居場所”であるはずの学校から漏れる音さえ“騒音”なのだ。だから、音楽の楽器演奏にはクレームがつく。45分間隔で鳴るチャイムは近隣住民にとって“地獄の鐘”で、体育館に近い住民だと、部活の練習の声や学芸会の練習も“公害”だそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る