Jアラート 格安SIMは受信できない!? 防災アプリをDLせよ

公開日:

 今月15日午前7時、北朝鮮のミサイル発射で、12道県で一斉にJアラート(全国瞬時警報システム)が発信された。福島県に住むSさんも自分の携帯画面(写真=iPhone5S)を見てビックリ。夜勤明けの息子を叩き起こしたが、息子の携帯はピクリともしなかったという。なぜか?

 総務省消防庁のJアラート担当者が言う。

「携帯電話の場合、弾道ミサイル情報などの国民保護情報は、携帯大手事業者(NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI/沖縄セルラー電話<ともにau>=編集部注)であれば、基本的に届きます。エリアメール・緊急速報メールの受信設定は初めはONになっていますし。ただ、格安SIMは受信できない端末があるのも事実。今回も受信できなかった端末があったと聞いています」

 Sさんの息子は、携帯電話代節約のため、この春、格安SIMに乗り換えたという。まさに、“受信できない端末”だった可能性が高い。今回は、北朝鮮が発射したミサイルが日本列島を通過して事なきを得たが、緊急時は一刻を争う。肝心の情報が入ってこないのでは話にならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る