欲しがる子供にはどの機種を買い与えるべきか?

公開日: 更新日:

「お父さん、中学に入学したらiPhoneを買って」

 子供からこんな“取引”を持ちかけられている親は多いだろう。

 MMD研究所の調べによると、中学生のスマホ所有率は40.9%(ガラケーも含めると57.1%)で、うち約半数が中学1年でスマホを買ってもらっている。「子供なのにケータイは早い」と昭和の父親みたいに意見しても、むしろ持っているのが当たり前。中でも、中学生に人気なのがiPhoneだという。

「フルスペック機能のスマホは、ワンクリック詐欺、有料会員登録、ゲーム課金といった問題があります。親としては、映像が閲覧できない子供向けスマホを買い与えたいところですが、中学生の間にはスマホカーストという言葉まであり、子供向けだと、いじめの対象にもなりうる。もうひとつ、中学生がiPhoneを持ちたがる理由としては、文科省と総務省が全国の公立小・中学校に補助教材としてiPadを導入している現状がある。使い慣れているため、同じアップル社製のiPhoneを選ぶのです」(大阪産業大客員教授の八幡義雄氏=初等教育

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る