欲しがる子供にはどの機種を買い与えるべきか?

公開日:

「お父さん、中学に入学したらiPhoneを買って」

 子供からこんな“取引”を持ちかけられている親は多いだろう。

 MMD研究所の調べによると、中学生のスマホ所有率は40.9%(ガラケーも含めると57.1%)で、うち約半数が中学1年でスマホを買ってもらっている。「子供なのにケータイは早い」と昭和の父親みたいに意見しても、むしろ持っているのが当たり前。中でも、中学生に人気なのがiPhoneだという。

「フルスペック機能のスマホは、ワンクリック詐欺、有料会員登録、ゲーム課金といった問題があります。親としては、映像が閲覧できない子供向けスマホを買い与えたいところですが、中学生の間にはスマホカーストという言葉まであり、子供向けだと、いじめの対象にもなりうる。もうひとつ、中学生がiPhoneを持ちたがる理由としては、文科省と総務省が全国の公立小・中学校に補助教材としてiPadを導入している現状がある。使い慣れているため、同じアップル社製のiPhoneを選ぶのです」(大阪産業大客員教授の八幡義雄氏=初等教育)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る