格安SIMで端末長く使う 金持ちほど通信費をケチる不思議

公開日: 更新日:

 通信費を少しでも安く。そんな触れ込みが浸透し、スマホ利用者のうち格安SIMユーザーが増えている。MMD研究所によると、格安SIM全体のシェアは今年9月で8.5%。3年で5倍超になっている。

 そんな格安ブームの中にあって興味深いのが、BIGLOBEの調査だ。「格安SIMに替えると、スマホ代がいくら安くなるのか知っているか」と質問。「知っている」の回答率は、世帯年収400万円未満で32.9%だったが、800万~1200万円未満は45.7%に上り、格安SIMへの切り替えを希望する割合も800万~1200万円未満が46.9%とトップだ。

 通信費の高さに苦しんでいるのは若者を中心とする低収入の人たちだったはず。この結果はどういうことか。

■最新機種の機能は趣味の領域に

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る