カウンセラーとやりとり 長野で実施「LINE相談」の可能性

公開日: 更新日:

 長野県の取り組みが話題を呼んでいる。県教育委員会が先月、2週間限定で試験的に通信アプリ「LINE」で中高生の悩みを受けつけた結果、1579件のアクセスがあり、そのうち547件の相談に乗ったという。昨年度に受けた電話相談は259件というから2倍超。自治体がLINEを使ったのは初めてで、「LINE相談」は、全国に拡大するとみられている。

 学校の先生には周りの目もあり相談しづらい。その点、LINEなら気軽だ。それが受けたのだろう。

 県教委は「ひとりで悩まないで@長野」のアカウントを開設。期間中は午後9時までの4時間、10人態勢で相談に乗ったというが、どんな相談が寄せられたのか。

「24時間受けつけている電話相談では、不登校やいじめなど深刻な内容が少なくありません。それを踏まえ、アカウント開設前はそんな相談も想定し、名前や学校名を聞き出して介入することも考えていたのですが、ふたを開けてみると深刻な内容は少なかった。それよりは、進路や学業、友人関係のちょっとした悩みが多かったです」(県教委・心の支援課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る