9、10月は要注意…ツキノワグマの対処法を専門家が伝授

公開日:

 ツキノワグマに襲われる被害が相次いでいる。先月には、山口県の養蜂場で男性が襲われ、今月6日には岐阜県の小学校校庭に現れ、猟友会が射殺する騒動に。記者も7月に長野県の山里をドライブ中に遭遇した。

 クマを追いかけて半世紀近くの「日本ツキノワグマ研究所」米田一彦理事長に聞いた。

「2000年以降、ツキノワグマに襲われる人身事故発生数が急激に増えています。過疎化で里山から人が減り、クマの生息地域が広がっていること、ハンターの高齢化で駆除が追いつかないことなどが原因です」

 一年のうち9月と10月が最も事故が多い。越冬・出産に備えクマの食欲が旺盛になっている上、レジャーで入山する人間も多いからで、今こそ要注意だ。

 クマに襲われないためにはどうすればいいか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る