9、10月は要注意…ツキノワグマの対処法を専門家が伝授

公開日:

 ツキノワグマに襲われる被害が相次いでいる。先月には、山口県の養蜂場で男性が襲われ、今月6日には岐阜県の小学校校庭に現れ、猟友会が射殺する騒動に。記者も7月に長野県の山里をドライブ中に遭遇した。

 クマを追いかけて半世紀近くの「日本ツキノワグマ研究所」米田一彦理事長に聞いた。

「2000年以降、ツキノワグマに襲われる人身事故発生数が急激に増えています。過疎化で里山から人が減り、クマの生息地域が広がっていること、ハンターの高齢化で駆除が追いつかないことなどが原因です」

 一年のうち9月と10月が最も事故が多い。越冬・出産に備えクマの食欲が旺盛になっている上、レジャーで入山する人間も多いからで、今こそ要注意だ。

 クマに襲われないためにはどうすればいいか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  10. 10

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

もっと見る