【ザワークラウトのチーズトースト】これぞドイツ版“男子のおやつ”

公開日:  更新日:

ローゼンタール(東京・銀座)

 島田さんいわく「ドイツ的“男子のおやつ”みたいな感じでしょうか」。

 確かに、マスタード、ザワークラウト、ソーセージ、そしてチーズの組み合わせは、ジャーマンドッグのオープンサンド版。合わせるお酒は、これはもうビール以外にはないでしょう。

「のど越しのいいキレのあるドラフト系より、コクのあるクリーミーなスタウト系ビールがいいと思います。小腹がすいた夜中にゆっくり飲みながら食べるイメージですね」

 ザワークラウトもチーズも、こぼれ落ちそうなくらいてんこ盛りにするのがポイントで、「何分焼くとかではなく、チーズの溶け具合やパンの焦げ具合を見て、自分が“おいしそうだな”と感じたときが出来上がりのタイミングです」

 せっかくお酒を飲んでいい気分になっているときに、「油まみれになった手を洗いに席を立つのは嫌なので」とオイルは塗らず、マスタードのみ。自ら「酒飲みですから」と言うだけに、酒飲みの気持ちをしかと心得ている。

 ソーセージがなければ生ハムでもサラミでも。バゲットがなければ食パンでもお餅でも油揚げでも、家にあるものでいいという。

「つまみは何でもあり。力を抜いて、気張らず作るからこそ楽しいし、おいしいのだと思います」

《材料》
スライスしたバゲット(または好みのパン)食べたい分だけ
好みのソーセージ
ザワークラウト
とろけるチーズ
粒マスタード
黒こしょう 各適量

《レシピ》
(1)パンに粒マスタードを塗り、スライスしたソーセージ、ザワークラウト、とろけるチーズの順に好みの量をのせる。
(2)トースターまたは200度に予熱したオーブンで10分ほど焼く。チーズが溶けておいしそうな焼き色がついたら、黒こしょうをたっぷりひく。

今日の達人 島田由美子さん

▽しまだ・ゆみこ
 神奈川県相模原市出身。大学卒業後、出版社に2年間勤務の後、フランスに1年遊学。帰国後、ワイン雑誌の編集に3年間携わった後、2003年から「ワインセラー ローゼンタール」の店長となる。15年からオーナー。

▼「ワインセラー ローゼンタール」
 JR新橋駅銀座口から徒歩7分。ドイツワインと、自家菜園から届く季節の野菜料理が楽しめる大人の気楽な談話室。季節のフェアや月に1度ワイン会も開催。10月はきのこやサンマ、栗などの「秋の味覚フェア」を開催。
東京都中央区銀座8―7―11ソワレ・ド・銀座第2弥生ビル8階 営業時間18時半~23時日曜・祝日定休 
℡03・3574・8758

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る