• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「歌舞伎揚」の“甘じょっぱさ”は甘納豆づくりが生んだ

 食べだしたら止まらない揚げせんべい。その代表といえば、天乃屋の「歌舞伎揚」だ。1960年の発売から50年以上経った今も堂々の主役。甘じょっぱいおいしさを守りながら、近年はフレーバー展開やコラボ商品なども積極的に進めて再ブレーク中で、売り上げは右肩上がりを続けている。

「ユーザーの変わらぬ評価に加えて、ロングセラー商品ということでメディア露出の機会が大幅に増えた点も、好調の要因だと考えている」(商品担当者)

 天乃屋は53年に設立。当初は甘納豆の製造販売を行っていたが、砂糖をまぶす甘納豆はどうしても夏場が弱い。そこで次なる商品を模索し、出合ったのが「揚げせんべい」だった。日本経済の急成長とともにさまざまなお菓子が発売される中、サクサクとした揚げせんべいをおいしそうに頬張る人々を見て「これだ!」と、米菓業界への転換を決意する。もっとも、見よう見まねのせんべい作りは失敗の連続。だが、そこで諦めなかったからこそ、いまがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事