「歌舞伎揚」の“甘じょっぱさ”は甘納豆づくりが生んだ

公開日:

 食べだしたら止まらない揚げせんべい。その代表といえば、天乃屋の「歌舞伎揚」だ。1960年の発売から50年以上経った今も堂々の主役。甘じょっぱいおいしさを守りながら、近年はフレーバー展開やコラボ商品なども積極的に進めて再ブレーク中で、売り上げは右肩上がりを続けている。

「ユーザーの変わらぬ評価に加えて、ロングセラー商品ということでメディア露出の機会が大幅に増えた点も、好調の要因だと考えている」(商品担当者)

 天乃屋は53年に設立。当初は甘納豆の製造販売を行っていたが、砂糖をまぶす甘納豆はどうしても夏場が弱い。そこで次なる商品を模索し、出合ったのが「揚げせんべい」だった。日本経済の急成長とともにさまざまなお菓子が発売される中、サクサクとした揚げせんべいをおいしそうに頬張る人々を見て「これだ!」と、米菓業界への転換を決意する。もっとも、見よう見まねのせんべい作りは失敗の連続。だが、そこで諦めなかったからこそ、いまがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る