• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「歌舞伎揚」の“甘じょっぱさ”は甘納豆づくりが生んだ

 食べだしたら止まらない揚げせんべい。その代表といえば、天乃屋の「歌舞伎揚」だ。1960年の発売から50年以上経った今も堂々の主役。甘じょっぱいおいしさを守りながら、近年はフレーバー展開やコラボ商品なども積極的に進めて再ブレーク中で、売り上げは右肩上がりを続けている。

「ユーザーの変わらぬ評価に加えて、ロングセラー商品ということでメディア露出の機会が大幅に増えた点も、好調の要因だと考えている」(商品担当者)

 天乃屋は53年に設立。当初は甘納豆の製造販売を行っていたが、砂糖をまぶす甘納豆はどうしても夏場が弱い。そこで次なる商品を模索し、出合ったのが「揚げせんべい」だった。日本経済の急成長とともにさまざまなお菓子が発売される中、サクサクとした揚げせんべいをおいしそうに頬張る人々を見て「これだ!」と、米菓業界への転換を決意する。もっとも、見よう見まねのせんべい作りは失敗の連続。だが、そこで諦めなかったからこそ、いまがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る