声かけもアウト 海外では「ストハラ」で犯罪になる可能性

公開日:

 オランダ女性(20)のインスタグラムが話題だ。1カ月間にナンパしてきた男との2ショット写真を載せたもので、一見モテ自慢のようだが、写真の通りよく見ると女性は不愉快そう。その一方で、男たちはニヤけている。

 このインスタは、女性が街中でのナンパにいかに不快な思いをしているかを訴えるのが目的。男が道行く女性に「可愛いねえ」「どこ行くの?」と冷やかしたり、卑猥な言葉をかけたりすることを「キャットコール」または「ストリートハラスメント(ストハラ)」といい、海外では問題になっているのだ。

 中東のある国では「こいつはいくらだ?」「君のためなら死ねるよ、おデブちゃん」など侮辱的な言葉を女性が投げかけられるのは日常茶飯事。英ノッティンガムシャー州は昨年、同国で初めてストハラを憎悪犯罪(ヘイトクライム)とし、女性が路上ナンパで不快な思いをしたら、遠慮なく警察に通報できる仕組みを導入している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る