声かけもアウト 海外では「ストハラ」で犯罪になる可能性

公開日:

 オランダ女性(20)のインスタグラムが話題だ。1カ月間にナンパしてきた男との2ショット写真を載せたもので、一見モテ自慢のようだが、写真の通りよく見ると女性は不愉快そう。その一方で、男たちはニヤけている。

 このインスタは、女性が街中でのナンパにいかに不快な思いをしているかを訴えるのが目的。男が道行く女性に「可愛いねえ」「どこ行くの?」と冷やかしたり、卑猥な言葉をかけたりすることを「キャットコール」または「ストリートハラスメント(ストハラ)」といい、海外では問題になっているのだ。

 中東のある国では「こいつはいくらだ?」「君のためなら死ねるよ、おデブちゃん」など侮辱的な言葉を女性が投げかけられるのは日常茶飯事。英ノッティンガムシャー州は昨年、同国で初めてストハラを憎悪犯罪(ヘイトクライム)とし、女性が路上ナンパで不快な思いをしたら、遠慮なく警察に通報できる仕組みを導入している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る