まかない名人 「島耕作」の弘兼憲史さんが説く楽々料理

公開日: 更新日:

 週に1度も台所に立たない男性は約48%(夕食=楽天リサーチ)。年齢が高くなるにつれて「しない」が増え、60代は60%を超す。定年退職後の夫を抱える妻が、最も嫌がる夫の行動のひとつがこれだ。

 そこで注目なのが、「課長島耕作」シリーズの漫画家・弘兼憲史氏の「弘兼流 60歳からの楽々男メシ」(写真)だ。

 売れっ子作家でありながら、弘兼さんは40年間もアシスタントスタッフのために“まかない飯”を作り続けてきた名人。とはいえ、凝った料理はひとつもなく、“手抜き”“ルーズ”“適当”のオンパレードなのだ。

 例えば、弘兼さんが最も重宝しているのが、「Cook Do」(味の素)のチンジャオロウスー。同じく野菜炒めには「丸鶏がらスープ」(同)を“堂々”と使う。インスタントラーメンもマストアイテムで、最近のお気に入りは「チャルメラちゃんぽん」(明星食品)。煮込むタイプなので、野菜やキノコ、冷凍の海鮮ミックスなどを入れて“雰囲気”を出すという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る