ウオツカブーム到来 SNS映えも抜群のおいしい飲み方とは

公開日:

 インスタグラムなどのSNSの流行で、人気を集めているアルコールがある。ウオツカだ。フレーバーがカラフルだったり、フルーツを漬けたりすると写真映えするフォトジェニックぶりで注目されているのだ。

 ここ10年ほどで、ロシアウオツカが次々と輸入されている。日本におけるロシアウオツカの普及を目指して活動する日本・ロシアウォッカ協会の遠藤洋子氏が言う。

「ウオツカには、ピュアウオツカとフレーバーウオツカがあります。ロシアのフレーバーウオツカでは、唐辛子の入った『ペルツォフカ』、レモン入りで黄色が爽やかな『リモンナヤ』が有名で、ショウガやコーヒー豆、唐辛子、オレンジピールなどを漬けた“ハンターウオツカ”などがあり、色も香りもそれぞれ異なります」

 代表的な飲み方は、瓶ごと冷凍庫で冷やしてストレートで。40度を超えるアルコール度数の高さから凍ることはなく、トロリとした舌触りが楽しめる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る