“あおり運転”急増で注目 ドライブレコーダーの売れ筋は

公開日: 更新日:

 普段は売り場に姿を見せない主婦らも説明を聞きにきているというから、注目度はハンパじゃない。実際、どんな製品が売れているのか?

「ドラレコの平均価格帯は、1万6000~1万7000円ですが、売れ筋はより画像も鮮明な2万円前後の商品。前方だけでなく後方も録画できる商品になると、3万円くらいが目安。24日から弊社が先行販売する、360度全方位撮影の新商品も税抜きで3万円を切る価格。オススメです」(前出の広報担当者)

 交差点などでは、信号無視で脇っ腹に衝突されるような事故もある。ぐるり360度撮影できれば、横からの危機も、幅寄せだって記録できる。あの東名事故の犯人だって、言い逃れはできないはずだ。

 360度撮影する最新商品(PIXYDA PDR600SV)は、エンジン停止後も駐車時の監視モードを設定できる。駐車中のあて逃げや、いたずら対策もバッチリ。

 ちなみに、店舗によっては、「ドライブレコーダー搭載中」と書かれたステッカーも売れているとか。本体がすぐ買えない人は、まずこちらか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  4. 4

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  5. 5

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  6. 6

    小池知事ドヤ顔「8時だョ!」ドリフこじつけ発言で大炎上

  7. 7

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  8. 8

    樋口英明氏「耐震性に着目すれば全ての原発を止められる」

  9. 9

    社会学者・鈴木涼美氏が考察する「菅義偉おじさん」の正体

  10. 10

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

もっと見る