融資残高を公開 銀行カードローン「おいしい商売」な理由

公開日:

 全国銀行協会(全銀協)が19日、加盟116行のカードローンの融資残高が8月末で前月比0.5%増の4兆3715億円になったと発表した。収益環境が厳しい中で、利幅の大きいカードローンの過剰融資が横行しているとの批判を受け、初めて公表した。

 業態別の内訳は、都市銀行が0.4%増の2兆4237億円、地方銀行が0.6%増の1兆5715億円、第二地方銀行が0.3%増の3762億円。ただ、公表数値は前月との比較にとどまり前年同月比は発表されていない。これでは数値が多いのか、少ないのか、チンプンカンプンだ。

 全銀協は「過去の残高は集計していません。今年から数値を取りまとめたので、来年からは比較が可能です」(広報室担当者)と言うが、経済ジャーナリストの小林佳樹氏はこう言う。

「各銀行にデータはあります。やる気になれば、過去分の集計は可能です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る