ノーベル賞のイシグロ氏が文化勲章に選ばれなかったワケ

公開日: 更新日:

 とはいえ、文化勲章は外国籍でも受章できる。米NY生まれの日本文学研究者ドナルド・キーン氏は、日本国籍を取得する前の08年度に受章。文科省の担当者は「文化功労者選考分科会で審議され、選ばれますが、今回は、その中にイシグロ氏の名前がなかった。そこから先については、極めて属人的な事柄で、なぜイシグロ氏が選ばれなかったのかという理由については、コメントできません」と話す。

 キーン氏のほかにも、ノーベル賞受賞者でいえば、米国籍の故・南部陽一郎氏(08年物理学賞)や、中村修二氏(14年物理学賞)が文化勲章を受章しているから、イシグロ氏が受章したって、おかしいというわけでもなさそうだ。

「文化勲章は日本人、もしくはキーン氏のように外国籍でも日本における功績があった人に贈られるものです。5歳で渡英し、英語で書いているイシグロ氏は、いずれにも当てはまらない。それだけのことでしょう」(文科省番記者)

 そもそも、イシグロ氏は95年に大英帝国勲章、北野武ももらった仏芸術文化勲章を98年に受章している。もうこれ以上、勲章はいらないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ココイチのバイトテロ「バカ投稿」代償はとてつもなく高い

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「林死刑囚は無罪」元大阪高裁判事が再審を請求したワケ

  4. 4

    朝乃山に永谷園NG!CM契約解除は序の口、今後は針のムシロ

  5. 5

    元AKBが独学で開業した繁盛ラーメン店の「味の秘密」<1>

  6. 6

    田中みな実"チェーン店NG"に大倉忠義が放った父想いの一言

  7. 7

    31歳差で3度目…山寺宏一なぜアラサーとばかり結婚する?

  8. 8

    パソナ1000%の衝撃!コロナと五輪でボロ儲けのカラクリ

  9. 9

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  10. 10

    G7の菅首相を見て思う…せめて英会話を大臣の最低条件に

もっと見る