愚直なメーカーのスバルで常態化…無資格検査30年のなぜ

公開日: 更新日:

「テストドライバーではなく、開発、研究者の運転スキルを向上させる研修もある。スバルは愚直なほどまじめなメーカーなんですけどねえ」と、自動車メーカー関係者はため息をつく。

 スバルは30日、完成検査の実施状況に関する社内調査結果を国交省に提出。30年以上前から無資格の従業員が従事していたという。無資格検査が常態化していたことだけは間違いない。

 国交省は完成検査の検査員について、「あらかじめ指名された者」と通達。スバルでは、知識と技能を持つと認定された従業員に2~6カ月の現場経験を積ませた上で、筆記試験合格後に検査員として登用する仕組みがある。5年、10年の現場経験というのならまだしも、素人目には“有資格者”になるのにそれほど高いハードルがあるとも思えない。

 それなのに、スバルではお上のお達しに反する完成検査が続いていた。検査員が、無資格の従業員にハンコを貸して押印させるような偽装行為もあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る