孫正義氏出資 中国「配車アプリ」上陸でタクシー業界恐々

公開日: 更新日:

■孫氏の本当の目的は?

 目下、日本ではITを活用したシェアエコノミーをめぐって米中がつばぜり合いを展開しているが、米ウーバーの好敵手が中国の滴滴だ。その滴滴に50億ドルを出資するのがソフトバンク(SB)。陰で糸を引いているのは実は孫正義社長なのか。

 車両台数24万台超の日本の市場は垂ぜんの的。「孫氏が算段しているのは日本のタクシーシステムの乗っ取りでは」(別のタクシー会社の社員)と青ざめる。日本のタクシー業界を攻略すれば、SBはタブレットを搭載させ、パケット契約で利益を上げ、データ解析でも儲けることができる。

 だが、それも本当の目的ではない。今夏、SBグループはグレイロック・パートナーズとともに米パロアルトの「ナウト」に約1・6億ドルを出資した。米シリコンバレーの「ズークス」に30億ドルを出資したとの報道もある。いずれも自動運転のスタートアップ企業だ。SB広報は「いろんな可能性をみている」とするが、孫氏の投資は「アプリを使った自動運転タクシー」の普及を視野に入れている可能性も。仮に滴滴との連携話が前進すれば、雇用維持どころではなく、既存のタクシー業界が消えてしまう恐れもある。

(ジャーナリスト・姫田小夏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  9. 9

    北海道2区補選は自民“不戦敗” ダメージ軽減で菅降ろし封じ

  10. 10

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

もっと見る