田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

「名人戦」の主催変更 米長と中原は名パートナーだった

公開日:  更新日:

 昭和の名ライバルだった中原誠十六世名人と米長邦雄永世棋聖の対局数は歴代1位の187局で、通算成績は中原の106勝80敗1持将棋。

 写真(撮影・田丸)は、41年前の名人戦の対局光景。左が中原、右が米長。

 2003(平成15)年5月、日本将棋連盟の総会で中原(当時55)と米長(同59)はともに理事に選任された。タイトル戦で名勝負をかつて繰り広げた両者が、連盟の経営に共同で携わることになったのだ。

 05年に連盟の会長に就任した米長は、連盟の財政再建の一環として「経営諮問委員会」を設置し、将棋界に深い理解を寄せる3人の有識者に委嘱した。

 その委員会は「新聞社の財務面や発行部数などの観点から、名人戦(当時の主催者は毎日新聞社)を朝日新聞社に移したらどうか」と提言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る