親の早期発見が大切 10代女子の“自殺サイン”どこで見抜く

公開日:

 座間市で9人の遺体が見つかった事件では、被害者のうち4人が10代の女性だったと報じられている。実は女性は自殺行為を繰り返す傾向が強い。厚労省の統計によると昨年の自殺者のうち、自殺未遂歴がある割合は19歳以下の女子で30・1%。同じ年代の男子が13.8%だから、女子は2倍以上だ。娘を持つ親は心配だろう。

「医療法人社団すずき病院」理事長で精神科医の坂本博子氏によると、10代女子の自殺の動機で多いのは、いじめのような対人関係と、両親との関係がうまくいかないなどの家庭環境という。

 娘が白石隆浩容疑者(27)のような鬼畜野郎の毒牙にかかる前に、親は自殺のサインを見抜かなければならない。どこに注目すればいいのか。坂本氏に解説してもらった。

「10代はまだうつ病を発病する年頃ではありませんが、うつ状態に陥ることはあります。これが自殺願望につながるのです。うつ状態になると何もする気が起きなくなり、急激に成績が落ちたり友達と付き合わなくなります。表情が暗くなるのも特徴ですが、逆にいつもより明るく振る舞うのも要注意。無理して笑っているからです。イライラしたり怒ったり、不機嫌など感情が不安定になって親としゃべらなくなる。“どうせ親は私のことを理解してくれない”と絶望的になっているからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る