親の早期発見が大切 10代女子の“自殺サイン”どこで見抜く

公開日: 更新日:

 座間市で9人の遺体が見つかった事件では、被害者のうち4人が10代の女性だったと報じられている。実は女性は自殺行為を繰り返す傾向が強い。厚労省の統計によると昨年の自殺者のうち、自殺未遂歴がある割合は19歳以下の女子で30・1%。同じ年代の男子が13.8%だから、女子は2倍以上だ。娘を持つ親は心配だろう。

「医療法人社団すずき病院」理事長で精神科医の坂本博子氏によると、10代女子の自殺の動機で多いのは、いじめのような対人関係と、両親との関係がうまくいかないなどの家庭環境という。

 娘が白石隆浩容疑者(27)のような鬼畜野郎の毒牙にかかる前に、親は自殺のサインを見抜かなければならない。どこに注目すればいいのか。坂本氏に解説してもらった。

「10代はまだうつ病を発病する年頃ではありませんが、うつ状態に陥ることはあります。これが自殺願望につながるのです。うつ状態になると何もする気が起きなくなり、急激に成績が落ちたり友達と付き合わなくなります。表情が暗くなるのも特徴ですが、逆にいつもより明るく振る舞うのも要注意。無理して笑っているからです。イライラしたり怒ったり、不機嫌など感情が不安定になって親としゃべらなくなる。“どうせ親は私のことを理解してくれない”と絶望的になっているからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る