滅亡は嘘? 研究者が振り返る「ノストラダムスの大予言」

公開日:

「1999年7の月に人類が滅亡する」――。1973年に出版された「ノストラダムスの大予言」には、空から恐怖の大王が現れて人類は滅亡すると書かれていた。当時はこの予言を信じた小・中学生は多かったが、ご存じの通り、大王らしきものはやってこなかったし、人類も生き延びている。

 ところが最近も「米同時多発テロ事件」「東日本大震災」「トランプ大統領の誕生」を的中させ、「核戦争(第3次世界大戦)」を予言しているなんて言われている。

 そもそも、この世に“予言者”はゴマンといた。いったいなぜ、1503年生まれの医師で占星術師の話だけが、これほど多くの人を引きつけたのか不思議だが、現在もリオンの図書館に所蔵されているノストラダムス直筆の予言書を解読し、多くの解釈書を著している池田邦吉氏は「前文から後書きまですべてに目を通しましたが、実際は『1999年』という記述はありません」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る