滅亡は嘘? 研究者が振り返る「ノストラダムスの大予言」

公開日: 更新日:

「1999年7の月に人類が滅亡する」――。1973年に出版された「ノストラダムスの大予言」には、空から恐怖の大王が現れて人類は滅亡すると書かれていた。当時はこの予言を信じた小・中学生は多かったが、ご存じの通り、大王らしきものはやってこなかったし、人類も生き延びている。

 ところが最近も「米同時多発テロ事件」「東日本大震災」「トランプ大統領の誕生」を的中させ、「核戦争(第3次世界大戦)」を予言しているなんて言われている。

 そもそも、この世に“予言者”はゴマンといた。いったいなぜ、1503年生まれの医師で占星術師の話だけが、これほど多くの人を引きつけたのか不思議だが、現在もリオンの図書館に所蔵されているノストラダムス直筆の予言書を解読し、多くの解釈書を著している池田邦吉氏は「前文から後書きまですべてに目を通しましたが、実際は『1999年』という記述はありません」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る