滅亡は嘘? 研究者が振り返る「ノストラダムスの大予言」

公開日: 更新日:

「1999年7の月に人類が滅亡する」――。1973年に出版された「ノストラダムスの大予言」には、空から恐怖の大王が現れて人類は滅亡すると書かれていた。当時はこの予言を信じた小・中学生は多かったが、ご存じの通り、大王らしきものはやってこなかったし、人類も生き延びている。

 ところが最近も「米同時多発テロ事件」「東日本大震災」「トランプ大統領の誕生」を的中させ、「核戦争(第3次世界大戦)」を予言しているなんて言われている。

 そもそも、この世に“予言者”はゴマンといた。いったいなぜ、1503年生まれの医師で占星術師の話だけが、これほど多くの人を引きつけたのか不思議だが、現在もリオンの図書館に所蔵されているノストラダムス直筆の予言書を解読し、多くの解釈書を著している池田邦吉氏は「前文から後書きまですべてに目を通しましたが、実際は『1999年』という記述はありません」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る