• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

規模は伊の10分の1 アグリツーリズモは日本で定着するか

 赤トンボとヒグラシ、そしてワラを焼く匂い――。過疎化に悩む地方は実は宝の山だった。

「田舎力」など多数のベストセラー本がある金丸弘美氏(食総合プロデューサー・総務省地域力創造アドバイザー)の最新刊「田舎の力が未来をつくる!」(合同出版)が、Amazon「地域開発部門」で1位になっている。

 金丸氏はこれまで地元野菜のブランド化や加工品の6次産業などをアドバイスしてきたが、今回はアグリツーリズモの可能性を指摘。アグリ(農業)とツーリズモ(旅行)を組み合わせた言葉で、一般には民宿のイメージだろう。インバウンド(外国人旅行客)を増やそうとしている自治体職員も熱心な愛読者だ。

 しかしまあ、田んぼと畑しかない田舎に外国人がそんなに興味を持つとは思えないが……。

「注目したいのは、私が何度も取材で訪れたイタリアです。イタリアには農村体験できるアグリツーリズモを営業する農家が2万682軒あり、主に長期滞在の家族連れが利用している。日本の農家民宿は2000軒ほどですから、10分の1しかありません。ただ、私が勧めているのは、民宿よりもっと簡便な、農家をリノベーションして泊まれるようにした簡素な施設です。食事の提供は朝食ぐらいにし、夜は地元のレストランを紹介する。その分、料金は安い。旅行客は昼は宿から紹介された牧場や畑で農業体験をし、また宿に戻ってくる。これなら点ではなく、面として地域全体の活性化につながります」(金丸氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事