団地再生で注目 「新狭山ハイツ」復活の仕掛け人を直撃

公開日:

 高度経済成長期は、全国各地にニュータウンが登場。大規模団地が建設された。老朽化した“夢のマイホーム”は虫食い状態で高齢者が暮らす程度になり、空き家が問題となっている。団地再生が急務の中、埼玉県狭山市にある「新狭山ハイツ」は、若い家族の入居が相次いだと話題だ。再生の現場を探ってみると――。

 西武新宿線で、新宿から約1時間。新狭山駅からバスに10分揺られると、新狭山ハイツに到着する。全32棟、770戸に上る巨大団地。一時は、高齢者率が45%に上ったが、のぞいてみると、子どもの声が響く。訪れたのは週末とあって、団地に隣接する畑では、住民家族が子どもと一緒に畑仕事に汗を流していた。

 そのワケは、3年前から始まった「新狭山ハイツ・ブランディングプロジェクト」にある。手がけるのは、住民らが中心となり新たなコミュニティーをつくろうとするNPO「グリーンオフィスさやま」で、地域団体「団地生活デザイン」とタッグを組み、若い世代を呼び込む活動を進めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る