団地再生で注目 「新狭山ハイツ」復活の仕掛け人を直撃

公開日: 更新日:

 高度経済成長期は、全国各地にニュータウンが登場。大規模団地が建設された。老朽化した“夢のマイホーム”は虫食い状態で高齢者が暮らす程度になり、空き家が問題となっている。団地再生が急務の中、埼玉県狭山市にある「新狭山ハイツ」は、若い家族の入居が相次いだと話題だ。再生の現場を探ってみると――。

 西武新宿線で、新宿から約1時間。新狭山駅からバスに10分揺られると、新狭山ハイツに到着する。全32棟、770戸に上る巨大団地。一時は、高齢者率が45%に上ったが、のぞいてみると、子どもの声が響く。訪れたのは週末とあって、団地に隣接する畑では、住民家族が子どもと一緒に畑仕事に汗を流していた。

 そのワケは、3年前から始まった「新狭山ハイツ・ブランディングプロジェクト」にある。手がけるのは、住民らが中心となり新たなコミュニティーをつくろうとするNPO「グリーンオフィスさやま」で、地域団体「団地生活デザイン」とタッグを組み、若い世代を呼び込む活動を進めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  9. 9

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る