団地再生で注目 「新狭山ハイツ」復活の仕掛け人を直撃

公開日: 更新日:

 高度経済成長期は、全国各地にニュータウンが登場。大規模団地が建設された。老朽化した“夢のマイホーム”は虫食い状態で高齢者が暮らす程度になり、空き家が問題となっている。団地再生が急務の中、埼玉県狭山市にある「新狭山ハイツ」は、若い家族の入居が相次いだと話題だ。再生の現場を探ってみると――。

 西武新宿線で、新宿から約1時間。新狭山駅からバスに10分揺られると、新狭山ハイツに到着する。全32棟、770戸に上る巨大団地。一時は、高齢者率が45%に上ったが、のぞいてみると、子どもの声が響く。訪れたのは週末とあって、団地に隣接する畑では、住民家族が子どもと一緒に畑仕事に汗を流していた。

 そのワケは、3年前から始まった「新狭山ハイツ・ブランディングプロジェクト」にある。手がけるのは、住民らが中心となり新たなコミュニティーをつくろうとするNPO「グリーンオフィスさやま」で、地域団体「団地生活デザイン」とタッグを組み、若い世代を呼び込む活動を進めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか