団地再生で注目 「新狭山ハイツ」復活の仕掛け人を直撃

公開日:

 高度経済成長期は、全国各地にニュータウンが登場。大規模団地が建設された。老朽化した“夢のマイホーム”は虫食い状態で高齢者が暮らす程度になり、空き家が問題となっている。団地再生が急務の中、埼玉県狭山市にある「新狭山ハイツ」は、若い家族の入居が相次いだと話題だ。再生の現場を探ってみると――。

 西武新宿線で、新宿から約1時間。新狭山駅からバスに10分揺られると、新狭山ハイツに到着する。全32棟、770戸に上る巨大団地。一時は、高齢者率が45%に上ったが、のぞいてみると、子どもの声が響く。訪れたのは週末とあって、団地に隣接する畑では、住民家族が子どもと一緒に畑仕事に汗を流していた。

 そのワケは、3年前から始まった「新狭山ハイツ・ブランディングプロジェクト」にある。手がけるのは、住民らが中心となり新たなコミュニティーをつくろうとするNPO「グリーンオフィスさやま」で、地域団体「団地生活デザイン」とタッグを組み、若い世代を呼び込む活動を進めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る