• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【牡蠣の変わり南蛮】芳醇バルサミコ酢ソースでうま味倍加

鮓職人 秦野よしき(東京・麻布十番)

「実は私、牡蠣が大の苦手なんです。でも、旬の時季に寿司屋が牡蠣を出さないのはおかしいでしょう。で、牡蠣嫌いの自分でもおいしく食べられるものを、と工夫したのが今回の一品です」

 牡蠣の風味とうま味を生かしながら、苦手な生臭さを消すにはどうしたらいいか。酢を使った南蛮漬けにしようと思いついたが、普通の酢を使っては面白くない。そこで、バルサミコ酢の登場だ。店では、ソースにカシスのリキュールを加える。

「ただし、ご家庭ではお勧めできません。リキュールを使って熱すると、ボワッと火が出て危険ですから。なので、ソースはハチミツと赤ワインを使ったものにアレンジしました。カシスリキュールの甘味と香りはそれで補えます」

 カリッと揚げた牡蠣を噛むと、ジュワッと口に広がるうま味。芳醇なバルサミコ酢とほのかに甘いソースがそれを倍加させる。なにしろ、牡蠣嫌いだという大将が工夫を凝らしたツマミだ。苦手な人にこそ、ぜひ、試してもらいたい。

 《材料》 
・牡蠣(加熱用) 1パック(100グラム)
・バルサミコ酢 100㏄
・ハチミツ 少々
・赤ワイン 20㏄
・砂糖 大さじ1
・かたくり粉 適宜

 《レシピ》 
(1)水気を切った牡蠣にかたくり粉をまぶし、180度に熱した油で表面がカリッとなるまで揚げる。
(2)バルサミコ酢、ハチミツ、赤ワイン、砂糖を鍋に入れ、中火で煮詰める。
(3)ソースの水分が飛んだら火を止め、揚げた牡蠣に絡ませて完成。

今日の達人 秦野芳樹さん

▽はたの・よしき
 東京都調布市出身。国士舘大学法学部へ入学と同時に寿司店での修業を始める。赤坂、銀座、白金台の有名店で腕を磨いて25歳で独立。2013年、麻布十番に「すし道」を開店。15年6月に店名を現在のものに改めた。学生時代に剣道、柔道で鍛えた屈強な体とは対照的な、人懐こい笑顔と繊細な料理で各界著名人にもファン多数。

●鮓職人 秦野よしき
 趣向を凝らしたツマミと江戸前の伝統を守りながらも独自の工夫を加えた握りが自慢。フルネームの屋号には「仏、伊料理では当たり前。ライバルはジョエル・ロブションです」との決意が込められている。メニューは1万5000円のおまかせのみ(消費税、サービス料別)。
港区六本木5―11―25 3F
℡03・3475・4004

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る