住宅着工3年ぶり減 不動産バブル崩壊“秒読み”が始まった

公開日: 更新日:

 やはり、不動産バブルの崩壊が近づいているのか。住宅着工件数が3年ぶりに減少したことがわかった。

 31日、国交省が発表した2017年の新設住宅着工戸数は、前年比0.3%減の96万4641戸と3年ぶりのマイナスとなった。注文住宅などの「持ち家」は2.7%減の28万4283戸。「消費者が購入を急がない傾向が続いている」(国交省)という。実際、足元の着工戸数は、6カ月連続マイナスが続いている。

 不動産市場は、20年の東京五輪までは好調がつづくと予想されたが、早くも鈍化しはじめている。この先、不動産市場はどうなるのか。消費者はいつ買えばいいのか。

 住宅ジャーナリストの榊淳司氏はこう言う。

「不動産バブルは、19年10月、完全に崩壊する可能性があります。10月1日から消費税が10%になるからです。消費税増税が景気を後退させるのは確実です。不動産市場は景気悪化の影響をモロに受ける。しかも、その直前に発生する“駆け込み需要”の反動もあります。14年4月に消費税を8%にアップした時は、黒田日銀の“異次元の緩和”がバブルを生み出し、景気悪化を防いだが、もう黒田バズーカは使えない。19年10月は要注意です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る