住宅着工3年ぶり減 不動産バブル崩壊“秒読み”が始まった

公開日:

 やはり、不動産バブルの崩壊が近づいているのか。住宅着工件数が3年ぶりに減少したことがわかった。

 31日、国交省が発表した2017年の新設住宅着工戸数は、前年比0.3%減の96万4641戸と3年ぶりのマイナスとなった。注文住宅などの「持ち家」は2.7%減の28万4283戸。「消費者が購入を急がない傾向が続いている」(国交省)という。実際、足元の着工戸数は、6カ月連続マイナスが続いている。

 不動産市場は、20年の東京五輪までは好調がつづくと予想されたが、早くも鈍化しはじめている。この先、不動産市場はどうなるのか。消費者はいつ買えばいいのか。

 住宅ジャーナリストの榊淳司氏はこう言う。

「不動産バブルは、19年10月、完全に崩壊する可能性があります。10月1日から消費税が10%になるからです。消費税増税が景気を後退させるのは確実です。不動産市場は景気悪化の影響をモロに受ける。しかも、その直前に発生する“駆け込み需要”の反動もあります。14年4月に消費税を8%にアップした時は、黒田日銀の“異次元の緩和”がバブルを生み出し、景気悪化を防いだが、もう黒田バズーカは使えない。19年10月は要注意です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る