• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

住宅着工3年ぶり減 不動産バブル崩壊“秒読み”が始まった

 やはり、不動産バブルの崩壊が近づいているのか。住宅着工件数が3年ぶりに減少したことがわかった。

 31日、国交省が発表した2017年の新設住宅着工戸数は、前年比0.3%減の96万4641戸と3年ぶりのマイナスとなった。注文住宅などの「持ち家」は2.7%減の28万4283戸。「消費者が購入を急がない傾向が続いている」(国交省)という。実際、足元の着工戸数は、6カ月連続マイナスが続いている。

 不動産市場は、20年の東京五輪までは好調がつづくと予想されたが、早くも鈍化しはじめている。この先、不動産市場はどうなるのか。消費者はいつ買えばいいのか。

 住宅ジャーナリストの榊淳司氏はこう言う。

「不動産バブルは、19年10月、完全に崩壊する可能性があります。10月1日から消費税が10%になるからです。消費税増税が景気を後退させるのは確実です。不動産市場は景気悪化の影響をモロに受ける。しかも、その直前に発生する“駆け込み需要”の反動もあります。14年4月に消費税を8%にアップした時は、黒田日銀の“異次元の緩和”がバブルを生み出し、景気悪化を防いだが、もう黒田バズーカは使えない。19年10月は要注意です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る