住宅着工3年ぶり減 不動産バブル崩壊“秒読み”が始まった

公開日: 更新日:

 やはり、不動産バブルの崩壊が近づいているのか。住宅着工件数が3年ぶりに減少したことがわかった。

 31日、国交省が発表した2017年の新設住宅着工戸数は、前年比0.3%減の96万4641戸と3年ぶりのマイナスとなった。注文住宅などの「持ち家」は2.7%減の28万4283戸。「消費者が購入を急がない傾向が続いている」(国交省)という。実際、足元の着工戸数は、6カ月連続マイナスが続いている。

 不動産市場は、20年の東京五輪までは好調がつづくと予想されたが、早くも鈍化しはじめている。この先、不動産市場はどうなるのか。消費者はいつ買えばいいのか。

 住宅ジャーナリストの榊淳司氏はこう言う。

「不動産バブルは、19年10月、完全に崩壊する可能性があります。10月1日から消費税が10%になるからです。消費税増税が景気を後退させるのは確実です。不動産市場は景気悪化の影響をモロに受ける。しかも、その直前に発生する“駆け込み需要”の反動もあります。14年4月に消費税を8%にアップした時は、黒田日銀の“異次元の緩和”がバブルを生み出し、景気悪化を防いだが、もう黒田バズーカは使えない。19年10月は要注意です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る