中古マンション買うなら要確認 “ダメ管理組合”の見抜き方

公開日:

 2013年3月、福岡県久留米市のマンションで、ある男性が管理組合の理事長に就いた。ところが、管理会社の選定をめぐって他の理事たちと対立。同10月、男性抜きの理事会が開かれ、別の新理事長が選ばれた。

 で、これが訴訟に。

 全国の管理組合の9割ほどが準拠している「標準管理規約」には、理事会による理事長の解任について明記しておらず、福岡高裁は昨年10月、1審の「解任できない」という判断を支持したのだが、最高裁は18日、これを破棄。「理事の過半数の一致で解任できる」という初判断を示した。

 まあ、小難しい話はさておき、こんなふうに管理組合が内部分裂しているマンションには、ちょっと住みたくない。

 中古マンションを買うにしても管理組合の運営がズサンとか、逆に理事長が牛耳っていて排他的というのも、管理費の横領なんてトラブルが起きそうな予感がする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る