中古マンション買うなら要確認 “ダメ管理組合”の見抜き方

公開日: 更新日:

 2013年3月、福岡県久留米市のマンションで、ある男性が管理組合の理事長に就いた。ところが、管理会社の選定をめぐって他の理事たちと対立。同10月、男性抜きの理事会が開かれ、別の新理事長が選ばれた。

 で、これが訴訟に。

 全国の管理組合の9割ほどが準拠している「標準管理規約」には、理事会による理事長の解任について明記しておらず、福岡高裁は昨年10月、1審の「解任できない」という判断を支持したのだが、最高裁は18日、これを破棄。「理事の過半数の一致で解任できる」という初判断を示した。

 まあ、小難しい話はさておき、こんなふうに管理組合が内部分裂しているマンションには、ちょっと住みたくない。

 中古マンションを買うにしても管理組合の運営がズサンとか、逆に理事長が牛耳っていて排他的というのも、管理費の横領なんてトラブルが起きそうな予感がする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る