• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

寒くなる確率は40% 関東は3月も降雪を覚悟と気象予報士

 関東地方では1日から雪が降り始めた。埼玉や八王子では数センチ積もったものの5センチと予想された東京23区は1センチ程度。23センチ積もった1月22日のような通勤での大混乱はなかったが、ヤキモキさせられた。

 東京が48年ぶりに氷点下4度を記録するなど、今年の関東地方は寒すぎる。

 気象予報士の片山由紀子氏によると、毎年冬になると北極からシベリア、モンゴルを経由して冷たい空気が日本に下りてくるが、通常はもっと北の地域に寄り道するため日本への打撃は少ない。ところが今年は南米ペルー沖の海面水温が低くなるラニーニャ現象などの影響で寒気が日本を直撃。関東や西日本の気温が低く、雪が降るのだそうだ。

 片山氏が言う。

「例年1月は晴れの日も多く、寒い日もあれば暖かい日もあるもの。例年の平均気温は5.2度です。ところが今年は寒さがきついため4.7度まで下がりました。わずか0.5度差ですが、暖かさが寒気で帳消しになってしまうわけですから、大きな数字なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る