中田英寿の動画で話題 10年前の流行「2.0」復活の理由

公開日:

「お金2.0」「Life2.0TRAVEL」――前者はアマゾンのビジネス実用本売り上げランキング1位となったタイトルで、後者はマニュライフ生命が元サッカー日本代表選手の中田英寿氏をナビゲーターに起用するネット動画のタイトルだ。

 電車の中吊りやテレビCMなどで見かけた人も多いだろう。そこに共通するキーワード「2・0」とは、どういう意味か。どこかで見覚えがあるような……。

「10年ほど前に流行した『ウェブ2.0』をもじっているのでしょう」と言うのは、ITジャーナリストの井上トシユキ氏だ。

「ウェブ2.0」は、これまでとは全く異なる革命的に進化した物や仕組みを表す概念で、アイルランド人のティム・オライリーが2005年に提唱。既存の概念を「1.0」として、それをバージョンアップさせたのが「2.0」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る