中田英寿の動画で話題 10年前の流行「2.0」復活の理由

公開日:

「お金2.0」「Life2.0TRAVEL」――前者はアマゾンのビジネス実用本売り上げランキング1位となったタイトルで、後者はマニュライフ生命が元サッカー日本代表選手の中田英寿氏をナビゲーターに起用するネット動画のタイトルだ。

 電車の中吊りやテレビCMなどで見かけた人も多いだろう。そこに共通するキーワード「2・0」とは、どういう意味か。どこかで見覚えがあるような……。

「10年ほど前に流行した『ウェブ2.0』をもじっているのでしょう」と言うのは、ITジャーナリストの井上トシユキ氏だ。

「ウェブ2.0」は、これまでとは全く異なる革命的に進化した物や仕組みを表す概念で、アイルランド人のティム・オライリーが2005年に提唱。既存の概念を「1.0」として、それをバージョンアップさせたのが「2.0」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る