• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

実験開始から2週間 相乗りタクシーの出足はどうだった?

 国交省が実施している「相乗りタクシー」の実証実験(1月22日~3月11日)が都内23区、武蔵野、三鷹市で始まって、6日で2週間あまりが過ぎた。

 相乗りタクシーとは、配車アプリを活用し、複数の利用客を1台のタクシーに同乗させるというもの。当然、バラバラで乗るよりも料金は割安になるというから、うまい話のようにも思える。

 実験には、業界大手の大和自動車交通グループ4社(649両)と日本交通グループ11社(300両)が協力しているが、開始当初から「赤の他人と相乗りは、ちょっと……」とか「他の同乗者に自宅がバレるんじゃない?」なんて不安の声も上がっていた。果たして、うまくいっているのか。

「1日の利用件数は今のところ数件程度です」と話すのは、大和自動車タクシー課の担当者。大々的に宣伝していた割には寂しい数字のような気もするが、「予想通りですね。思っていたより多いぐらいですよ」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る