豪雪でスーパーが空っぽに 災害マヒに強い身近な乾燥食品

公開日: 更新日:

 歴史的な豪雪に襲われた福井では、物流がマヒしてコンビニやスーパーの棚がスカスカに。特に菓子パンや総菜、弁当などは配送が届くと即完売状態だった。

 手軽に食べられる食材が人気なのは分かるが、そういうものは概して糖質中心で、塩分が多い。持病がある中高年は、避けた方が無難だろう。

 そこで、注目は乾燥食材。防災食でおなじみの乾パンや乾燥スープではない。もっとウマいものがあるのだ。

 横浜創英大名誉教授の則岡孝子氏(栄養学)が言う。

「刻み昆布とヒジキ、切り干し大根です。豪雪や台風などで自宅に缶詰め状態になると、ミネラルや野菜が不足しがちですが、これらがあれば大丈夫。どれもカリウムが豊富で、塩分を排出する作用が高く、高血圧予防になります。食物繊維もたくさん含まれるので、腹もちもよく便秘予防にもなる。水で戻せばすぐに調理できますから、いざというときのご飯のおかずに最適です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る