豪雪でスーパーが空っぽに 災害マヒに強い身近な乾燥食品

公開日:

 歴史的な豪雪に襲われた福井では、物流がマヒしてコンビニやスーパーの棚がスカスカに。特に菓子パンや総菜、弁当などは配送が届くと即完売状態だった。

 手軽に食べられる食材が人気なのは分かるが、そういうものは概して糖質中心で、塩分が多い。持病がある中高年は、避けた方が無難だろう。

 そこで、注目は乾燥食材。防災食でおなじみの乾パンや乾燥スープではない。もっとウマいものがあるのだ。

 横浜創英大名誉教授の則岡孝子氏(栄養学)が言う。

「刻み昆布とヒジキ、切り干し大根です。豪雪や台風などで自宅に缶詰め状態になると、ミネラルや野菜が不足しがちですが、これらがあれば大丈夫。どれもカリウムが豊富で、塩分を排出する作用が高く、高血圧予防になります。食物繊維もたくさん含まれるので、腹もちもよく便秘予防にもなる。水で戻せばすぐに調理できますから、いざというときのご飯のおかずに最適です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る